クラウド会計で経営の効率化

所長ブログ

2016年2月 1日 月曜日

クラウド会計ソフトとは? ~導入するメリット~

税理士の小杉將之です。

本日は、最近注目が集まっている「クラウド会計ソフト」について、お伝えしようと思います。

クラウド会計ソフトとは
従来の会計ソフトは違い、インストールが不要な会計ソフトです。インターネットがつながる環境であれば、パソコン・スマホ・タブレットなど、さまざまなデバイスからログインできます。代表的なクラウド会計ソフトには「Crew」「MF」「freee」の3社があります。

クラウド会計ソフトのメリット
クラウド会計ソフトのメリットとしては、以下の4点が挙げられます。

・「いつでも」「どこでも」最新の会計データを確認できる
インターネット環境があれば、デバイスを選ばず「いつでも」「どこでも」最新の会計データを確認することができます。もちろん、Mac bookにも対応しています。

・Web上の銀行口座、クレジットの明細を自動取込することができる
Web上に保存されている口座・クレジットカードの明細情報を自動的に取込むことができるので、入力の手間を削減させることができます。

・自動でアップデートが行われる
ソフトは自動で更新されるので、いつでも最新なソフトウェアを利用することができます。インストール型と比べると、手間もコストも削減することが可能です。

・強固なセキュリティでデータを守る
みなさんが1番気になるのはセキュリティの部分だと思います。「クラウドにデータを保存するのって大丈夫なんですよね?」と質問される方もいらっしゃいますが、もちろん大丈夫です。

クラウドは、大企業と同じデータサーバーを使用しています。言い換えれば、一流企業と同じレベルのセキュリティで、データを管理することができるのです。

オススメのクラウド会計ソフト
私がオススメするクラウド会計ソフトは「Crew」です。選んだ理由は3つあります。

1.簿記の知識がなくても記入しやすい
操作画面がわかりやすく、簿記の知識がない方でも仕訳を行うことができます。会計ソフトを初めて使う方にとってはハードルが低いですね。

2.給与・明細書のソフトとも連携ができる
Crewには会計だけでなく、給与明細や明細書にも対応しています。3つを連動して記帳することができるので便利です。

3.税理士との共同開発された
「Crew」は税理士と連携し、開発されたクラウド会計ソフトです。会計の専門家が力を入れて開発したものですので、安心ですね。

クラウド会計ソフトを導入すれば、書類作成や管理などの、面倒な業務を効率化することができます。そして、今よりも本業に専念できるようになるでしょう。
詳細が気になる方は、お問い合わせフォームまたはお電話にてご連絡ください。

投稿者 小杉將之税理士事務所 | 記事URL

カレンダー

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

月別アーカイブ